蜂の巣の退治で利用できるサービス【自治体とネットをフル活用】

役所での事前相談で受けられるサービス

役所では住民サービスの一環として蜂の巣の駆除をサポートしている場合があります。業者に駆除をしてもらった際の費用が安くなる事後相談やなどがありますが、事前に相談することで受けられるサービスもいくつかあるので、確認してみましょう。

専門業者の紹介と割引
業者選びに迷ったとき、事前に役所に相談すると業者を紹介してもらえます。自分で探すよりも大幅に手間が省けますし、役所が定めている業者なので安心して依頼できます。また、退治でかかる費用を一部負担してもらえるというサービスもあります。費用の一部負担は3,000円から10,000円と幅がありますが、ほとんどの場合は必要経費の半額程度の補助が受けられます。
有害危険なハチの駆除
スズメバチのような衛生害虫というのは基本的には管理者が自分で対処をするものですが、自治体では無料で駆除作業を行なってくれます。特にスズメバチは危険で緊急性が高いため、アシナガバチやミツバチと違って無料で駆除依頼を請け負ってくれるのです。依頼の際は、自治体が行なっている駆除内容について確認すると良いでしょう。
退治グッズの貸し出し
自治体が行なっている蜂の巣駆除のサービスは様々ですが、業者の紹介や無料での駆除が出来ない場合でも必要最低限のサポートはしてくれます。それが防護服や退治グッズの貸し出しです。防護服はヘルメットや手袋、ブーツ、つなぎといった4点セット、退治グッズは駆除用スプレーなどが無料で利用できます。貸し出し期間は2日から3日となっています。

簡単に蜂駆除業者を調べることが出来るネットサービス

賢い業者選びのコツは複数社を比較することですが、ネット上にある一括見積もりサイトや業者が行なっている無料見積もりサービスを利用すると、優良業者であるかを判断しやすくなります。一括見積もりサイトは基本的に無料で、使用方法も簡単です。

簡単見積もりサイトの利用の流れ

一括見積もりサイトを利用して複数社から無料で見積もりを受ける場合、サイト上に用意されている入力フォームに蜂の種類や蜂の巣がある場所、都道府県といった情報を入力します。これだけの情報を送信するだけで見積もり依頼は完了しますが、メールや電話での見積もりも可能となっています。