蜂の巣の駆除が依頼できる業者【賢く退治をするポイント】

自己処理は危険!スズメバチの蜂の巣駆除は専門家へ

スズメバチの被害に悩まされている場合、根本的な解決のためには活動の拠点となる蜂の巣を撤去する必要があります。そのため、まずは豊富な知識と経験を持った業者へ駆除依頼の連絡をしましょう。夜間や早朝など蜂の動きが鈍くなる時間帯に作業を行なうので安全性が高まりますし、蜂の駆除に関するプロフェッショナルなので迅速に作業が完了します。

死の危険と隣り合わせ

スズメバチの体内にある毒液は警報フェロモンの役割も兼ねていて、相手が強いと判断すると空中に向かって噴射し、他の仲間を呼び寄せて一斉に攻撃を仕掛けてきます。また、スズメバチの毒液はさほど強い毒性ではないので、一度刺されただけでは命に関わる被害はありません。

二匹のハチ

アナフィラキシーショックの症状で死にかけた (54歳/会社員)

子供と山へ遊びにいったときにスズメバチに刺されました。20代の頃に一度刺された経験のある私は、血圧が低下、意識レベルの低下で倒れて救急病院に担ぎ込まれました。子供が異変を察知してくれなかったら、どうなっていたことか今考えても本当に恐ろしい体験だと感じています。

雑損控除申請を利用してお得に賢く蜂の巣を駆除!

自治体が指定している業者にスズメバチの蜂の巣を駆除してもらった場合、役所に事後申請すると通常よりも駆除費用が安くなる、費用が無料になることがあります。申請の際は役所で渡される申請書類に必要事項を記入するのですが、駆除を行なったという証明をする必要があるため、領収書と駆除作業前後の写真を用意しておきましょう。

壁に止まる蜂

自治体の費用サポート

スズメバチに刺されるとアナフィラキシーショックを起こす危険性があるため、蜂の巣の駆除をする場合は専門業者に依頼した方が良いでしょう。専門性が高いので費用がかかってしまいますが、駆除後に役所で控除申請をすると駆除費用が安くなる場合があります。

お得に蜂の巣駆除が行なえる控除申請サービス

雑損控除申請はスズメバチの蜂の巣駆除費用でも使える?
スズメバチの蜂の巣を見つけたら、駆除を依頼するために高い費用が発生します。しかし、「雑損控除」を利用することで駆除にかかった費用が税金対策として役立つ場合があります。「雑損控除」は、災害や盗難、横領といった被害に遭った場合に受けることが出来ます。所得控除の一種なのですが、雑損控除の災害には蜂による被害も含まれています。そのため、スズメバチの蜂の巣を駆除際の原状回復費用や、被害を受けた資産の金額を税金から差し引くことが出来るのです。また、雑損控除では配偶者や扶養している親族の資産に被害があった場合も適用されます。

蜂駆除業者への依頼は役所でも可能!

危険な蜂の巣駆除は役所で相談

スズメバチの蜂の巣を駆除は業者への依頼した方が良いのですが、 住んでいる自治体に相談 すれば無料で駆除作業をしてくれます。特にスズメバチとなると危険性も高くなるため、住民サービスとして無料で作業を引き受けてくれるのです。さらに、優良な業者への紹介もサービスの一環として行なっていますし、事後申請で駆除費用を安くすることも出来ます。そのため、なるべく費用を安くしたいのなら、まずは役所で相談してみると良いでしょう。